こどものいいぶん

こどもだっていろいろ言いたい

週末はお台場にいく

週末になると、お母さんにお父さんとお外で遊ぶことが多いです。僕は特に大台場がすきです。遊びところがたくさんあって、海もあって、船を乗ることだってできます。

 

今お台場で僕の一番お気に入りは「東京トリックアート迷宮館」です。

 

umi7.jpg

 

迷宮館の中に面白い絵がたくさんあって、普通に見ても面白い上に、この絵たちと遊ぶことができるのがいいです。

 

恐竜に噛まれたり、マンモスに踏んづけられたり、チンパンチにだっこされたりしているように、たくさん面白いトリック絵で遊ぶんです。僕と同じ年の子供がたくさんいて、楽しいです。

何より、僕はお化け屋敷が怖いんだけど、迷宮館にある怖くないお化け屋敷だったら、全然大丈夫です。お母さんは空に飛ぶオニババに追われた写真を見て、皆でげらげらで笑うんです。でも、僕はお母さんの顔がオニババより面白いことはここだけの話です。おじいちゃん、おばあちゃんに見せたら、今度一緒にいこうって言ってくれました。皆で一緒に行けたらもっと嬉しいな。お母さんはビーエスフジの会員だから、お台場の色んなお店でお得が使えるみたい。だから、皆で行ったらもっとお得かなってお母さんが言います。

 

僕は一日にお台場で遊んでも全然飽きません。でも、お母さんはお外で遊ぶとすぐ寒いって文句を言って、お店に入りたがっている。もっと暖かい格好をすればいいのに。

カテゴリー:遊び

水族館

水族館に行くのは、楽しいことです。

この間、家族と一緒に水族館に行きました。

一番、見たいと思っていたのは、イルカです。

イルカは、とても頭のいい動物なので、いろんな事が出来ます。

イルカのショーがあり、お姉さんが色々と指示をするのですが、イルカは、飛んだり、跳ねたり、回ったりとお姉さんの言う事をちゃんと聞きます。

その後、シャチも出てきました。

ikimo332.jpg

シャチは、イルカよりもとっても大きくて、パンダみたいな模様があります。

お父さんに聞いたら、シャチは、「海のギャング」なんて呼ばれているとても怖い動物だそうです。

でも、水族館で見たシャチは、とても大人しくてお姉さんに言う事をとてもよく聞くお利口なお魚に見えました。

ギャングなんてウソだと思いました。

最後に、シャチがお客さんの近くを泳いで急にジャンプをしました。

そしたら、ものすごい量の水がお客さんの方に飛んできました。

僕は、後ろの方で見ていたので大丈夫でしたが、前の方のお客さんはびしょ濡れになっていました。


そのあと、お父さんと一緒にいろんな水槽を見て回りました。

小さな魚よりも大きな水槽にいる、マンボウとかマンタみたいな魚の方が僕はすきです。





カテゴリー:遊び

友達の家

友達のうちに遊びに行く時は、ちょっと緊張します。

この間、モッチのうちに遊びに行ったけど、家に入るのに部屋番号を押すんだけど、いつも、402と403で迷ってしまう。

モッチのうちは、403だから手に書いておく様にしている。

トモ君のうちは、道路にボタンがあって、ボタンを押すとトモ君のお母さんの声が聞こえてくるから、「トモ君いますか?」って言えば、ちゃんとトモ君が出てきてくれる。

でも、トモ君のうちには、おばあちゃんが居て、トモ君の部屋で遊んでると時々、やってくる。

トモ君は、なれているけど僕は、おばあちゃんが苦手。

cake111.jpg

だって、お話しても何を言っているか分かんない時があるし、こっちが一生懸命お話しても聞こえてなかったりするから。

ムラソンのうちは、僕のうちから歩いてすぐの場所にある。

ムラソンのうちは、お父さんもお母さんもお仕事をしているから、いつ行ってもムラソンしかいない。でも、ちょっと遅くなるとムラソンのうちの廊下が怖い。だって、電気も点いてないから暗いし、さみしいから。

だから、モッチもトモ君もムラソンも僕のうちに呼ぶようにしてる。

それが、一番、楽だから。

でも、みんなで遊んでる時、ムラソンが思いっきりボールを蹴ったら窓ガラスが割れた時は、ものすごく怒られた。




カテゴリー:遊び

工場見学

学校の授業で工場の見学に行く。

ピアノの工場で、バスに乗ってみんなで行く。

一応、バスに酔っちゃう子は、先生の近くに座る様にしているけど、何か、カッコ悪いから、僕は、酔わないって言っちゃった。

お父さんに聞いたら、バスに酔わない様にするには、ずーーーとしゃべっているか、寝ちゃう事らしい、お母さんに言ったら、お父さんとちょっと喧嘩になってた。

お母さんが、薬をくれたから、バスに乗る前に飲んでおいた。

薬が効いたのか、ちゃんとピアノ工場まで酔わずにいけてよかったです。

tubo221.jpg


工場は、すごく広くて、原木っていう枝を切っただけの大きな木を乾燥させる場所があって、しっかりと乾いたら木を切ってピアノの形にします。

大きな機械で切るんだけど、間違って機械に挟まれたら怖いと思いました。

木を加工するんだけど、木って温めると曲げられるのはビックリ。

何か、矯正の歯みたいに曲げた木を固定するのが面白かった。

その後は、色を何回もぬったりして組み立てていきます。

最後に金属の棒を持ったおじさんが、音を調節して出来上がり。

金属の棒を鳴らしながら調整をするおじさんがカッコよかったです。


帰りのバスは、ムラソンのとなりでぐっすり寝ていたので、薬は飲まなくても平気でした。





カテゴリー:遊び

  
Copyright © 2009 こどものいいぶん. All rights reserved